万田酵素が評判の2つの特徴 万田酵素の効果・効能とは!?気になる口コミや評判を一挙公開!

万田酵素が評判の2つの特徴

万田酵素とは名の通り酵素を売りにした発酵食品になります。
発酵する原材料は、厳選された53もの果穀藻菜(かこくそうさい)を、本来の素材の栄養分と発酵で生まれるアミノ酸などの栄養分を生かした貴重なものになります。
この53種もの材料を発酵させて製品にする技術は、酒屋として300年以上培った経験と試行錯誤の結果23年もの月日が流れて完成させています。

 

これらの厳選された原材料は栄養分を最大限生かす様に、添加物は防腐剤といった科学物質は使わずにまた、本来の栄養素を壊さないように、非加熱処理で生成されじっくりと熟成させています。
また、材料は皮のまま使用するつので廃棄物も少なく、二酸化炭素もほぼ発生させない技法な為、地球にやさしくもあります。

 

これらの技術や工夫を判りやすく2つに分けて紹介をします。

 

 

53種の厳選素材

 

53種の厳選素材

 

53種類の原材料は日本国内を中心に山や海、色々な所から集められた素材になります。
北海道では、大麦やワカメ、青森県ではリンゴ、新潟ではニンニクやレンコンイチゴなどと言った日本のその土地の風土を考慮し、契約農家からより良いものを選択し、農薬や遺伝子組み換え等の危険なと思わるものは基準を設けて厳選しています。

 

また、万田酵素の自社農園でかんきつ系やニンジンの一部を生産して、万田酵素ならではの植物用万田酵素をいれ大事に育ている念の入れようです。

 

 

素材で果穀藻菜という表現が使われていますが、果実類、穀物類、海藻類、野菜類の略称です。

 

  • 果実類(ハッサク、ネーブルオレンジ、ザボンなど)
  • 穀物類(玄米、もち米、アワ、大麦、トウモロコシなど)
  • 海藻類(ヒジキ、ワカメ、ノリ、コンブなど)
  • 野菜類(ニンジン、ニンニク、ゴボウ、キュウリ、セロリなど)

 

このように厳選された53種の材料は、黒砂糖をベースに、実だけはなく皮も入れ皮に含まれるフラボノイド、ポリフェノールなどの成分をも取り入れる為、混ぜられていきます。

 

 

3年3ヵ月以上の長期熟成

 

3年3ヵ月以上の長期熟成

 

万田酵素は、3年3ヵ月以上の長期熟成を行う発酵食品になり、他に有名なものでいえば、イタリアのアンチョビやフィリピンのナタデココ、ブルガリアのヨーグルト、日本で言えば醤油や味噌、また日本酒といったものがあります。

 

発酵の成否を分ける存在が1ミクロンと非常に小さい微生物の働きになりこの生物を上手に活性化させることが大事になります。

 

そして自然発酵を基本にしますので適した冬に仕込みが始まり、黒砂糖とリンゴやミカンといった果実系を半年間かけて基礎ベース作ります。
そのあとは、時折の時期と素材を1品づつ、次々と混ぜていき、水や添加物を使わずに非加熱でじっくりと発酵させていきます。

 

この発酵技術は、微生物の働きと職人の腕のマッチングが有り非常に難しい技術なのですが、微生物を生かす為に厳選された場所は因島にある瀬戸内海の海と山と広葉樹に囲まれた非常に適した場所に発酵棟を設立。

 

そして300年培った酒屋の技術がを活用し凄腕の職人だけが手がけ、発酵棟にはその許された職人だけしか立ち入る事が出来ません。

 

拘りの3年3ヵ月以上の長期熟成で、濃厚な万田発酵の製品が出来上がります。

【人気記事】
万田酵素の効果・効能とは!?気になる口コミや評判を一挙公開!
万田酵素の口コミや評判を詳しく説明をしています。またお試し無料モニターの申込方法も記載。ぜひご覧ください。