確実に痩せる本物のダイエット方法を実践!効果的なダイエット方法!

食事を工夫した無理しない

食事を工夫した無理しない

 

 

年齢:49
性別:男性
継続年:48歳〜49歳 1年間


 

 

腰、膝の負担軽減と少し高い血圧の改善

 

ふとしたことで起きる腰痛、少し長く歩くと起きる膝痛を回避するため、腰、膝への負担を減らそうと思ったことが理由のまず一つです。
身長180cmなのですが、最も重かったときが90kgで普段は特に膝への負担を実感していました。
また動き的にも重いなという感じが、ありありと感じられました。腰痛が起きたときにはその重い体重がさらに腰に負担をかけるという悪循環でした。
それから少し高めの血圧を下げるために、薬を飲むよりも体重を減らした方が良いと思ったことがもう一つの理由です。
薬に頼らなくても、できることはするべきだと思いダイエットを選びました。
以前は毎晩晩酌をしていて、夏はビール、冬は焼酎、その間の時期にはワインも時々といった感じでした。
アルコールを摂ると食欲も増進され、ついつい食べる量が多くなり、また濃い味のものを食べたくなるので、まさに暴飲暴食といった状態でした。

 

 

野菜を多めに、炭水化物は少なめに、肉、魚も食べてバランス良く、運動を欠かさずに

 

野菜は毎食摂るようにしています。御飯やパンなどの炭水化物は少なめに、特に夜はほんの少しだけ摂っています。
肉、魚は高カロリーなものは避けて、バランス良く摂っています。
それから、週に一日はトンカツやカレーライスといった高カロリーのものも、量は少なめですが食べています。
やはり食事は楽しむものですから、メリハリをつける意味でもそうしています。
アルコールですが、これも全く飲まなくなるというのもストレスがたまりそうなので、毎晩やっていた晩酌を週1回だけはビールないし焼酎を飲んでいます。
運動をなるべく欠かさずにしていますが、運動と言っても朝食前、昼休みの散歩程度です。
起きたら白湯を飲み、散歩に出かけ、そのあと朝食を摂っています。昼休みにはランチのあとの腹ごなしです。
1年続けていますが、現在の体重は83kgです。行っている運動の量からして、運動の効果は限定的で、やはり食生活の見直しの効果が大きいと思います。
裏返せば、それまでどれだけ暴飲暴食をしていたんだということです。

 

 

昔やっていたバスケットボールをもう一度プレーできたら

 

できれば80kg未満に落としたいところですが、現在の83kgより増えないことが目下最低限の目標です。
80kgを下回れば、もっと激しい運動も可能になるのではという淡い期待も抱いています。
昔、バスケットボールをやっていたのですが、NBAやBリーグの試合をテレビで見ていると、体がむずむずしてきます。
しかしこの件は、体重だけでなく、血圧、膝、腰の状態と相談しなければならないので、淡い期待です。

page top